プロフィール

KadukiRen

Author:KadukiRen


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ解らないのかもしれない。


こんな風に時の流れを実感するというのは嫌ですね。

おちゃめで可愛い家庭科のおばあちゃん先生には、もう逢えないんです。

中学の時の話で、2年間くらいお世話になったのかな。
担任になる事は無かったけど、それでも選択の家庭科などで何度もお世話になったし可愛くて好きだったんです。

でもいざ一生逢えなくなったと聞かされた時、思い出すのが授業の風景ではなく、離任式が終わった後に職員玄関でした別れの握手でした。

そいえば工さんと握手した時に「手ぇ冷たいね」と言われた事があったけど、あの時に何処かで言われた事があった気がしたんです。
それが、この先生との握手だったのを今頃思い出したんですよ。

あの時も「手冷たいわね」って言われたんですよ。
そんで私は先生の温かくて柔らかくて皺だらけの手を見ながら、これが最後の握手だったーとかなったら嫌だなぁって思ってたんですよ。

このまま二度と逢えないなんて事にはならないよなって、そんな事をぼんやりと考えてたんです。

でも残念ながら、そんなヤな考えがその通りになっちゃって…。

無償に悲しくて、約束を果たさなかった自分がちょっと嫌になって、もう先生の手は温かくないという事実が寂しくて。

★…‥

お通夜の時に耳鳴りがしたんです、二回。キーンて。

普段聞くよりずっと大きくて、右の耳の方が大きく聞こえたんです。

そしたら終わって地元の駅で同じお通夜に行ってた友達に会いました、その中の男子が耳鳴りしなかった?って訊いてきたんですよ。

もう吃驚。
しかも同じ二回聞こえて右耳のが強く聞こえたって。

もしかしたらそこに居たのかも知れないねってお母さんが言ってた。

もし居たとしたら、あの時見せられなかった私の制服姿を見てくれたかな。

水色は恥ずかしかったけど、やっぱり見せたくて。

手紙を書き忘れていた事を今更後悔したけど、遅くなってあの場でちゃんと伝えたから。

私から先生への思い残す事はもう無いかな。

どうか、安らかにお眠り下さい。
御冥福をお祈りいたします。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bokuyan.blog57.fc2.com/tb.php/37-a86e8e5a

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。