プロフィール

KadukiRen

Author:KadukiRen


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリント倶楽部。


くぁあ~~~~~(>△<)

今(21:21/笑)バイト帰りでして、電車の中で数時間振りに座ったら一気に足の疲れが…。

結局球技大会はドッチもバレーも初戦で敗退。
三時間くらい暇になるとOさん(先生)に言われ、行く当てが無いなら冷房の付いた講堂に行くと良いと言われました。

でも何もない講堂だともっと暇じゃんと思って、最初の方ではOさんをストーキングしてました(笑)

しかしOさんはバレーを見に行ってしまったので、仕方なくみんな(みあ様とMさん)で講堂に行くことに。

途中でクラスメートに遭遇して、一緒に歩いていたら教えてくれたんですよ。

「今講堂で映画やってんだよ」

「え、映画?」

「そうそう、チャーリー」

チャーリー、私は最初チャーリーズエンジェルかと思ってました。

しかーし、入って後ろの真ん中の席を陣取って観てみれば。
それは[チャーリーとチョコレート工場]でした(笑)

これみんなつまんないと言っていたからどんなもんかと観てみれば、なんだよ面白いじゃん。

ってか誰先生のチョイスなのか、物凄く気になる所。

☆……‥‥

とか何とか書いてたら、気付いたらまた爆睡してました( ̄△ ̄;)

そして日付は変わって、今日は待ちに待った[スイッチを押すとき]の舞台を観に行く日!!

生で相葉さんを見るのは三回目かな?

早く観たい!!麻優奈が来ない!!(笑)

☆………‥‥

観ましたぁー!!!!!!!!!(時間が変わりました)

あれですねぇ、原作を読んでから見た人と読まずに見た人では感想も変わりそうですね。

*原作と舞台のネタバレあり。

取り合えず最初に思ったことは、原作と同じく(若しくは原作よりも)後味悪っ。

なんだこの妙におちた感じは。

確かに何度か泣きそうになったシーンはあったんですが、やはり原作と同じく展開が速くて泣き所が分からなかったですね。

ただ舞台は殆んどオリジナルでした。

自殺する順番や多少の内容(場所や動機)は同じでしたが、キャラ的な感じも少しオリジナルで亮太なんかは凄いテンション高かった。

これはこれで面白くて好きです。

あと池田は、なんかちょっと柔らかい感じになってましたしね。

ただうち的には南さんが完全な悪役と化していたのが嫌ですね、原作の南さんは好きだったのに。

何処までが南さんの演技で何処までが南さんの素なのかがちょっと曖昧な感じで。

そして相葉さんがやった君明、これは相葉さんかなりのはまり役っ。
原作よりは柔らかく、よく喋るキャラになっていましたが可愛かったです(笑)

そしてそしてオリキャラの佃さんですが、これは普通に居そうなんで良いんじゃないですかね。

とまぁキャラはこんなんで、ストーリーについて言うと。

終り方がヤダ。

南さんも実験に選ばれた子供の生き残りだというのがバレるのが早いのは良いんですけど、うーん。

舞台で南さんが高宮を自殺させるのを最後にすると言った理由を「なんとなく、ひっかかる感じが…」的な事を言っていて、これは伏線だと思ってたんですよ。

でも結局二人とも何も無く自殺してしまって、ホントは兄妹だったっていうのを言ってないんです。

多分舞台の時間的に高宮への恋心に変更したんでしょうけど、そのせいか亮太の死が高宮にスイッチ押されたっていうのがなんかなぁ。
寂しい感じ。

結局一回も誰も救われて無い気がする、両親に逢って幸せな気持ちを感じてから自殺した原作の方がまだ良かったかな。

君明の自殺は原作でちょっと泣いたんですけど、舞台はアッサリな感じでしたね。

自殺抑制プロジェクトの一番偉い榊という男は出て来なくても良かったんですけど、最後まで南さんは自分でスイッチを押さなかったっていう設定が無くなったのもショックです。

ただ舞台だけを通して言えば、原作と言いたい事は全く一緒なんだろうと。

形は少し違えど、心に残る思いは生で演技を見た舞台の方が強いはず。

みんな演技上手かったです、狂うシーンとかちょっと怖かったし。

暗闇と大きい音の効果は絶大でしたね。

とまぁこんな感じ。

☆……‥‥

相葉さんの写真とプリはかっこ可愛かったです( ̄∀ ̄*)

☆……‥‥

ってな感じにたらたら書いててかなり日付が変わってしまいましたね、これを中々ブログに載せられないお陰で書きかけのブログやレポが沢山未送信のメールボックスに溜ってます( ̄△ ̄;)

これからはまたちゃんと書いていきたいと思います~。

多分一気に(笑)

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bokuyan.blog57.fc2.com/tb.php/77-0df95f2f

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。